そもそも酵素って何?

最近では酵素が健康や美容で注目されるようになっていますが、そもそも酵素というのがどういうものなのかが良く分からないという人も中にはいます。
酵素というのは簡単に説明すると、我々の体内や自然界にもたくさん存在していて触媒として作用しています。
触媒というのはある化学反応を促進する事を手助けする物質であり、触媒そのものは反応の前後で変化が無いのですが、触媒を加える事によって特定の化学反応が促進されるようになります。
我々の体内にも酵素が存在すると説明しましたが、例えば食べ物を食べた時にその消化を手助けしていたり、生命活動を維持するのに欠かす事が出来ない大切なものとなっています。
酵素というのは特定の物質に対してのみ作用する働きがあり、それぞれの反応に合わせて必要となるので膨大な数が世の中に存在しています。
それだけでは無く、科学技術が進歩しているおかげで人工的に作られる場合もあり、健康や美容だけでは無くて様々な分野でも活用されています。

コチラ