停滞期中のダイエットがあまりにきつい

ダイエットをしばらく続けていると停滞期に突入し、期待したほど体重が減らなくなります。

ダイエットがうまくいくかどうかは、停滞期をどうやって過ごすかにかかっています。停滞期中のダイエットがあまりにきつくて、ダイエットをやめてしまう人もいます。停滞期になってもへこたれないことが、ダイエットをやり遂げるためには避けては通れません。ダイエットの期間中には、体重は徐々に下がる傾向が続きますが、停滞期に突入すれば状況が変わります。人間の体は、食べる量を減らしたり、運動量を増やしたりと、今までと違うことをすると、体が非常状態を認識して、基礎代謝を低くします。人間の体は、過酷な環境でも生き抜けるために停滞期の仕組みを作っていますので、回避方法はありません。停滞期は体にとって必要なものだということを理解した上で、ダイエット時は停滞期と折り合いをつけていきましょう。停滞期をくぐり抜けるためには、長期的なものの見方をすることで、体重がどう変わっていくかを知ることです。停滞期は、一定期間続きますが、終わればまた元の状態になれます。カロリー摂取を減らした状態を維持しながら、極端な無理をしなければ、次第に体のほうが順応していきます。長いスパンで考えれば、停滞期があっても体重は減っていくものだということを覚えておきましょう。
酵素ダイエット 朝だけ置き換え