食事を制限せずに痩せるダイエット法

ダイエットをする時には、食べたらいけないとか食べ過ぎると太るからと、極端な食事制限をしていまう人がいます。食べたいと思っているけれども、ダイエットを成功させたい一心で、わずかな量しか食べていない人もいます。極端に食事量を少なくするようなダイエットは、一過性のダイエット効果があっても、リバウンドのリスクが高い方法です。

ダイエットを続けたいと思っても、食べる量を少なくしすぎて体へ負荷をかけすぎ、継続不可能になることもあります。ダイエットの効果は、食事を減らすのではなくて、献立を少し変えるだけでよいこともあるようです。

ダイエット効果がある食事のアレンジ方法とは、主食を白米をお粥にするというものです。主菜や副菜は、これまで通りで問題はありません。白米をお粥にすると水で膨らみ体積が増えているので、いつも食べているごはんの量で、お腹がいっぱいになります。

水に白米をプラスしてお粥をつくることができるため、カロリーはその分減ります。今後白米ではなく、お粥を食べるようにすれば、摂取カロリー量を少なくすることが可能です。

ダイエットのためにカロリー制限をしすぎると食べられないストレスで精神に負荷がかかりますが、お粥ならばその点も大丈夫です。

白米をお粥にすると、水が加わった分のカロリーを減らすことができますが、ダイエット中とは思えないくらいの満足感を得ることができるようになります。食事では、どうしてもカロリー過多になってしまいがちという人は、お粥を用いたダイエットをするといいでしょう。