年をとると肩甲骨ストレッチでダイエット

年をとると、人の体はだんだんと新陳代謝が低下していまいます。
ハードな運動や、極端な食事制限をしなければダイエットができないとなれば、やる気も低下してしまうものです。
ダイエットをしたいからと、苦しい思いをして運動や、食事制限をせずとも、体重を減らすことは可能です。

体脂肪を燃焼させるために、肩甲骨を取り巻く筋肉を動かすというダイエット方法があります。
褐色脂肪細胞という脂肪を燃やす細胞が、肩甲骨の周りには存在しているといいます。
褐色脂肪細胞が、脂肪の燃焼効率を上げてくれるように働きかけることで、ダイエットのしやすい体質になるというものです。
ダイエットの効率をアップするために、肩甲骨を使うストレッチを行って、褐色脂肪細胞の脂肪燃焼効果を強化するというダイエット方法です。
体内に蓄積されている脂肪を効率よく燃やすために、ストレッチで肩甲骨周囲にある細胞を活性化させます。
肩甲骨のストレッチをすることで、冷え性対策、肩こり解消が可能になるだけでなく、セルライトを減らす効果もあると言われています。
何も意識しないで生活をしていると、肩甲骨の近くの筋肉を動かす機会はさほどありません。
肩甲骨ストレッチをすることで、普段使わない筋肉を刺激できます。
褐色脂肪細胞に刺激を与える方法は、肩甲骨のストレッチのほかにもいろいろあります。
代表的な方法は、氷水を入れた冷たい容器で肩甲骨を冷やすというものです。
肩甲骨まわりを冷やすことで、褐色脂肪細胞は体全体が冷え切っていると判断して、体温を高めるために脂肪を燃やそうとします。
ベルタ酵素は痩せるの?