ダイエットと食事の時間について

ダイエットをするときに、食事の栄養バランスや運動を気をつける人は多いですが、見落としがちなのが食事をする時の時間です。ダイエットを行う上では、食事をどの時間に摂取しているかチェックすることも必要です。
ダイエットのために食事の内容を見直すのであれば、食事をする時間にも気を配るようにしましょう。ダイエットをしているからと食事を抜く人もいますが、むしろ三度三度の食事はきちんと摂るべきです。

ダイエットを意識して食事をする場合は、体内の臓器が盛んに活動している時間帯がおすすめです。肝臓は朝活発に動くため、朝は消化のいい納豆や卵、野菜やフルーツを積極的に食べていきます。

肝臓の活動は12時前後がピークになるため、ランチでは糖質も摂取するようにします。15時過ぎになると膵臓機能がアップします。そのため、おやつを食べて糖質を補給する時間は15時がおすすめです。

夜21時以降になると、どの内臓も休息してしまうため、糖質は最低限の量に抑えておくことで脂肪をつきにくくなります。夜に食事をとる時には、野菜を多めにするといいでしょう。腎臓が夕方から機能が高まるので、その点を加味して食材を選びます。

ダイエット効果の高い食事を摂取するためには、体内のどの臓器、どの時間帯に活動する性質があるかを知っておくといいでしょう。食事の量や栄養バランスも大切ですが、効果的なダイエットのためには、食事の時間を決めることも重要なポイントです。