酵素の働きを利用したサプリメント

最近は、酵素の重要性が知られるようになり、酵素サプリメントを使う人が増加しています。サプリメントにはいろいろな種類の商品がありますが、酵素のサプリメントを利用している人の目的は何なのでしょうか。

体内で減少している酵素を、酵素サプリメントだけで摂取することはできません。そもそも、酵素サプリメントには酵素が入っていません。

それでは、どうして酵素サプリメントというのでしょうか。栄養素の名称と、サプリメントの名称が同じであれば、その栄養素がサプリメントに含まれていると思われがちですが、酵素サプリメントは、必ずしもそういうわけではありません。

口から酵素を体内に入れたとしても、胃腸で消化分解されていますので、酵素のまま体内では使えません。

人体に存在している酵素が増えるように、植物発酵エキスが使われているのが、酵素サプリメントの正体です。

植物発酵エキスには、体内生成酵素を活性化する働きがあるので、体内で作り出された酵素の働きを手助けしてくれる役割があるのです。人間の体の中には、代謝酵素や、消化酵素など各種の酵素があり、体の求めに応じて、増加させたり、減少させたりしています。

体の信号に応える形で、代謝酵素と、消化酵素のいずれかがつくられるようになっています。大抵は消化酵素が先につくられています。

代謝酵素がつくられなくなるのは、食事の献立が栄養不足になったり、特定の食材ばかり食べていた時です。消化酵素がスムーズにつくられ、代謝酵素の生成量も増えるように、酵素サプリメントで植物発酵エキスを摂取し、栄養バランスを整えるというものです。