原型酵素とは

エンザイム(酵素)とは人間の生命活動を司っている数千種にも上るものですが、そもそも酵素とは、生命の細胞内で作られるタンパク質の触媒の総称ですから、万物の命をコントロールしているものといえますね。

生命を維持するための行動や働きとは、物質を合成したり、分解したり、輸送、排出、解毒、など普通の社会の構造の縮図を見るようなものですし、また大きくは生命のエネルギーを供給するための大切な働きを行います。

ところで、数千種類にも及ぶのは、酵素とは一つの働きしかしないのが大きな特性であり、デンプンの分解のみに働くとか、炭水化物のみとか、タンパク質のみ、アルコール分解のみと言ったふうにそれこそ数千、数万の酵素が必要になるかもしれません。

酵素は食品から摂取する場合や、体内でしか作られない酵素などもありますが、そもそも酵素をその場で瞬時に作るための、大元はおそらく、原型酵素があるのではないかと思われています。

これは特定の場所で大量に酵素が消耗されると、余所の酵素が不足するという現象が見られたためで、それが必要に応じて作り変えられるのではという仮説です。