投稿者「user30161」のアーカイブ

酵素の働きを利用したサプリメント

最近は、酵素の重要性が知られるようになり、酵素サプリメントを使う人が増加しています。サプリメントにはいろいろな種類の商品がありますが、酵素のサプリメントを利用している人の目的は何なのでしょうか。

体内で減少している酵素を、酵素サプリメントだけで摂取することはできません。そもそも、酵素サプリメントには酵素が入っていません。

それでは、どうして酵素サプリメントというのでしょうか。栄養素の名称と、サプリメントの名称が同じであれば、その栄養素がサプリメントに含まれていると思われがちですが、酵素サプリメントは、必ずしもそういうわけではありません。

口から酵素を体内に入れたとしても、胃腸で消化分解されていますので、酵素のまま体内では使えません。

人体に存在している酵素が増えるように、植物発酵エキスが使われているのが、酵素サプリメントの正体です。

植物発酵エキスには、体内生成酵素を活性化する働きがあるので、体内で作り出された酵素の働きを手助けしてくれる役割があるのです。人間の体の中には、代謝酵素や、消化酵素など各種の酵素があり、体の求めに応じて、増加させたり、減少させたりしています。

体の信号に応える形で、代謝酵素と、消化酵素のいずれかがつくられるようになっています。大抵は消化酵素が先につくられています。

代謝酵素がつくられなくなるのは、食事の献立が栄養不足になったり、特定の食材ばかり食べていた時です。消化酵素がスムーズにつくられ、代謝酵素の生成量も増えるように、酵素サプリメントで植物発酵エキスを摂取し、栄養バランスを整えるというものです。

抗酸化酵素SODとは?

さて、基本的に老化を防ぐことに考え方を集中すれば、やはり体内の酸化のスピードをいかに遅くするのかが当面の問題ということになります、そこで、登場したのが、抗酸化酵素のSODですが、これは、スーパーオキシダント・ジェスターゼを指し、抗酸化ビタミンとしては、ビタミンA、C、Eが中心になり、摂取したい、食品としては、まずは、ビタミンAではほうれん草・・・いわゆるベータカロチンですね、またビタミンEであれば、ひまわり油、そしてアーモンド、小麦胚芽、サンフラワー油などが、毛細血管を広げ、血流を良くする効果が実際に実験で証明されています。

つまり、動脈硬化も活性酸素が原因になることが多いとのことですから、意外とスムーズに取れないのがビタミン群ですから、少しでも多く摂取できる機会を増やすことですね。

続きを読む

原型酵素とは

エンザイム(酵素)とは人間の生命活動を司っている数千種にも上るものですが、そもそも酵素とは、生命の細胞内で作られるタンパク質の触媒の総称ですから、万物の命をコントロールしているものといえますね。

生命を維持するための行動や働きとは、物質を合成したり、分解したり、輸送、排出、解毒、など普通の社会の構造の縮図を見るようなものですし、また大きくは生命のエネルギーを供給するための大切な働きを行います。

ところで、数千種類にも及ぶのは、酵素とは一つの働きしかしないのが大きな特性であり、デンプンの分解のみに働くとか、炭水化物のみとか、タンパク質のみ、アルコール分解のみと言ったふうにそれこそ数千、数万の酵素が必要になるかもしれません。

酵素は食品から摂取する場合や、体内でしか作られない酵素などもありますが、そもそも酵素をその場で瞬時に作るための、大元はおそらく、原型酵素があるのではないかと思われています。

これは特定の場所で大量に酵素が消耗されると、余所の酵素が不足するという現象が見られたためで、それが必要に応じて作り変えられるのではという仮説です。